不動産相続と税の計算

相続

・不動産にかかる税金
不動産相続をしたときに悩みとなりやすいが税の計算です。
相続が起きたら相続税への対応をしないといけません。
これは何にかかるのかというと遺産です。
故人の現金や預金はもちろん課税対象ですが、これら金銭以外の財産も課税対象になります。
つまり不動産も相続税の対象の遺産となるため、これも含めて税の計算をする必要があるのです。

このときに何が悩みになりやすいのかというと、不動産の評価額です。
税金の計算をするときには故人の遺産をすべて現金価格で集計します。
故人の遺産は合計○万円、ときには合計○億円という形で、すべての遺産を現金価格に直します。
そのあとで所定の計算式を使って税の計算をするのです。
そのために悩みになりやすいのが、今遺産となっているその故人の不動産は現金価格に直すといくらなのかという問題です。

・不動産の価値
相続税を計算するとき、対象となっている遺産に不動産があるときは、その不動産の価値を評価します。
つまりその不動産にいくらの価値があるのか、所定の方法を使って自分で計算するのです。
金額を計算できたらその不動産はその金額相当の遺産として集計します。
たとえばその不動産の価値が1000万円だとわかれば、故人の遺産の集計に1000万円を加えます。
もしこれが5000万円だと計算されたらやはり5000万円を集計に加えるのですね。
このようにしてその不動産も含めて故人の遺産を現金価格に直して集計できたら、最終的に税の計算を行うのです。

このような流れをこなすため、まずはその不動産を正しく計算しないといけません。
相続税の計算をするときに使う専用の計算式がありますから、それを使ってください。
それ以外の方法で計算した評価額では過少評価になり、あとで税務署からやり直しを命じられたり、逆に過大評価になって自分が損をしたりします。

特に賃貸などに活用していない不動産の評価方法は路線価方式と倍率方式とがあります。
路線価方式と倍率方式のどちらも使える不動産は基本的にありません。
路線価が決まっている場合は倍率が決まっておらず、倍率が決まっている場合は路線価が決まっていないなど、基本的にどちらかの方法でしか計算できないのです。

そのためその不動産があるエリアを調べて路線価と倍率のどちらがあるのかを調べてください。
これはHP上で公開されていますから、個人でも自宅から簡単に調べられます。
どちらがあるのかわかったら、それぞれを使って計算してください。
もしその不動産を賃貸物件として活用している場合、さらに別の計算方法となります。
このように相続不動産の評価方法は決まっていますから、税の計算をするためにもこれらを利用してください。

あなたはどのケース?不動産相続に必要な書類について!

相続01

被相続人から不動産を相続したときは相続登記をして、被相続人の名義から自分の名義に変更しておきましょう。
被相続人の名義から自分の名義に変更をしておくことで、後に土地や建物を売ったりする手続きが簡単に行えるようになりますよ。
そこで、不動産相続に必要な書類について見ていきましょう。

・すべての人が必要となる書類ってどんなもの?
相続した不動産を自分の名義に変更するためには、相続登記として必要な書類を用意しなければなりません。
必要書類は以下の通りです。

・相続登記を行う不動産の登記簿謄本
・被相続人の最後の戸籍謄本
・被相続人の住民票
・不動産相続をする人の戸籍謄本
・不動産相続をする人の住民票
・登記申請書
・相続関係説明図
・固定資産評価証明書
・委任状(不動産相続をする本人が行う場合は不要)

これらは不動産相続をする人すべてに必要となるので、書類の収集忘れがないようにしましょう。

・遺産分割協議により相続登記を行う場合に必要な書類!
分割協議を行い、その通りに相続登記を行う場合は上記であげた書類とは別に、以下の書類も用意しなければなりません。

・被相続人の出生までさかのぼれる除籍謄本・改正原戸籍謄本
・相続人全員の戸籍謄本
・相続人全員の印鑑証明書
・遺産分割協議書(原本)

分割協議により相続登記を行う場合は、相続人全員の戸籍謄本・印鑑証明書が必要になります。
これらの書類を収集するのには時間がかかって面倒ではあるのですが、この書類がないと相続登記が出来ないので注意しましょう。
尚、遺言により不動産相続を行う場合は、すべての人が必要となる書類の他に遺言書を用意するだけとなります。

このように不動産相続に必要な書類は、法定相続分通りに相続登記を行うのか、分割協議によって相続登記を行うのか、遺言により相続登記を行うのかなどの状況によって異なります。
なので、不動産相続をする人は自分がどんなケースで相続登記を行うのかを理解したうえで、必要な書類を収集したほうがいいと思います。
相続登記をするときは専門家に手続きを依頼するのもいいと思いますし、自分で行ってもいいと思います。
また、自分で手続きをしたいけど必要な書類が分からないという場合は、専門家に相談をして必要な書類について聞いてみるのも1つの手段であると考えられます。
どの方法で相続登記を行うのかを決め、どのケースで相続登記を行うのかを判断してから書類を用意するようにしましょう。

不動産相続の場合の税金

不動産

相続は現金だけだと思っている方も多いですが、実際には色々なものが相続の対象となります。
その中でも、特に大きな割合を占めるのが不動産です。
不動産にはどのようなものがあるのかと言えば、大抵は土地や建物などが多いでしょう。
普通の方でも購入した土地や建物というのはしっかりと評価して、課税の対象となります。
その点はしっかり把握して、相続をするようにしてください。
もちろん、不動産の場合はパターンもそれぞれ違ってくるため、自分の置かれた状況を把握して対応していくことが必要となります。
事実、近年は多くの方が自分たちの状況が把握できておらず、結果的に面倒や手間を増やしてしまっていることも多いと言えるでしょう。
だからこそ、しっかり対応していくことが必要となるのではないでしょうか。

となみに、不動産の相続税に関しては、基本的に考え方は財産評価を基準にしています。

不動産相続において一般的な評価方法となっていて、それぞれが持つ財産ごとに評価をおこない、それを参考に税金を計算していくというものです。
一見すると難しいように思えますが、これは至極真っ当なことだと言えるでしょう。
例えば、ある被相続人が購入した 土地と建物があったとしましょう。
その価値は土地が2,000万円、建物が3,000万円だったとすると、合計で5,000万円への課税と考えます。
しかし、不動産の場合は価値が変動します。
路線価によって土地の価値が上がるかもしれませんし、下がるかもしれません。

建物も老朽化が進めば価値は下がっていきます。
つまり、その時々によって価値を評価して課税することが必要となるのです。
そこはしっかり考えておかなくてはなりません。
当然、建物は建設当時の価値を保っていないことが多いので、しっかり計算しないと逆に損をすることもあるのです。
そこは国が定めている財産評価の基準があるので、そちらを用いて計算することとなります。

ただ、それぞれの家庭によって土地や建物の価値も変わってきます。
そもそも持っていない人もいるかもしれませんし、かなり価値のあるものを持っているかもしれません。
そうなると、当然ですが税金も変わってきます。
そこも理解しておくようにしてください。
ちなみに、税金の計算が苦手という方は、不動産相続などに強い税理士などに相談するのが良いです。
そうすればすぐに対処してくれるので、かなり助かるのではないでしょうか。

まずは専門家についても調べておいてください。

不動産の相続に関して専門家に依頼する

不動産を亡くなった被相続人から相続するとなったときには、様々な手続きに追われることかと思います。
素人でも自分自身で行うことができるケースもあれば、なかなか複雑な手続きを要するケースもあります。
また不動産を相続したなら絶対にしなければいけないことがあります。
それが相続登記です。
Continue reading “不動産の相続に関して専門家に依頼する”

不動産の相続登記の委任状について

不動産を相続することになった際に行うべき手続きは非常に多くあります。
その手続きの中に相続登記と呼ばれる手続きがあります。
この相続登記はつまりは、名義変更のことなんですね。
相続をすることになった場合には所有者が変わるということになります。
亡くなった方、被相続人名義であった財産、不動産が相続人が相続を行ったことで相続人名義の不動産になります。
Continue reading “不動産の相続登記の委任状について”

不動産の相続における代行手続きについて

遺産の相続において、相続に関する手続きの代行依頼をするという方法があります。
自分自身ですべて手続き等を済ますという場合には、手間がかかってしまいますし労力もかかるので大変ではありますが、書類取得のための費用、また法務局までの交通費、それから不動産等の所有者名名義変更の相続登記の際には登録免許税の費用が発生しますが、そういった実費のみの支払いで済みます。
Continue reading “不動産の相続における代行手続きについて”

不要な不動産の相続放棄について

遺産の相続において、相続によって取得することができる財産には取得することで得になるもの、うれしいものだけでなく残念ながら中には不要なものもあります。
不動産についても残念ながら相続したくない、不要であるとされるケースもあるのです。
亡くなった方が所有されていた不動産を相続人の方が相続するとなった場合、例えば不動産として所有しても管理をしていくことができない、相続した不動産に対して税金の方が多くかかってしまうので不要だ、というようなケースもあることかと思います。
不要である不動産の相続に関しては最近では社会問題ともなってきている案件になっています。
Continue reading “不要な不動産の相続放棄について”

不動産の相続に関して司法書士に手続きを依頼する

不動産を相続することになった場合、様々な手続きを行う必要が出てきます。
例えば相続登記です。
相続登記とは被相続人から相続人へ対象となる不動産の名義を変更する手続きとなります。
必要書類をそろえたりする必要がありますし、また登録免許税の支払いなども必要になってきます。
Continue reading “不動産の相続に関して司法書士に手続きを依頼する”

不動産の相続において登記にかかる費用

亡くなった方が所有されていた不動産を相続するとなった場合には、相続登記の手続きを必ずしなくてはいけません。
この相続登記の手続きというのはいったいどういった手続きなのかといいますと、相続した不動産の名義変更手続きとなります。
亡くなられた故人の方の名義の不動産になっていることかと思いますが、相続をすることによって名義人は相続人の方に変わりますよね。
ですので必ずその名義人の変更手続きを行わなければいけないのです。
この相続登記の手続きに関しては費用がかかります。
その費用の内容について説明していきます。
Continue reading “不動産の相続において登記にかかる費用”