不動産相続でこまったら代行しよう

相続

・遺産相続においてもっともややこしいのが不動産
これから遺産相続をする人の中には残された財産をどのようにしていくか頭を悩ませている人も多いと思いますし、財産の中には現金や預貯金のようにすぐにプラスになるとは限らないものもあります。
その代表的な財産が不動産で、不動産の相続は評価がそれぞれ異なるので面倒だとよく言われます。
たとえば不動産権利関連のケースで言えば、被相続人の所有していたマンションがあるとしてその一室を誰かに貸している状態の土地と、そうでない土地では評価がまったく違います。
誰かに貸している状態の土地は貸家建付地と言って、評価が低くなってしまいますが、誰にも貸していない状態の土地は一般的な宅地ですから比較的評価は高くなります。
マンションを一緒に所有しているのであれば誰も住んでいない状態のほうが譲りやすいですので、この点が評価の分かれ目となります。
また駐車場を相続するケースにおいても、青空駐車場の場合はただの更地と判断されてしまいますが、建物が建っている場合は宅地と判断されて小規模宅地等の特例が適用される可能性が高くなります。
この小規模宅地等の特例は最大で80パーセントまで評価額を下げることで相続税の負担を減らせますが、駐車場の場合は50パーセントまでとなっています。

・不動産相続と遺産分割協議書
遺産相続を進めるときにはまず遺産分割協議をしなければいけませんから、財産と相続人を確定させて協議をします。
遺産分割協議は相続人全員が情報を共有できている状態でなければいけませんので、誰かひとりでも欠けてしまうと成立しませんし、遺産分割協議の結果を記載する遺産分割協議書を作成するにおいても相続人全員の署名がなければ無効になります。
そして不動産相続を進める場合、相続人の中に不動産関連の知識がある人がいればいいのですが、ほとんどの場合そうではありませんし、たとえいたとしても全員が共通認識を得られないかもしれませんから、その場合は専門家に代行してもらって手続きをするといいでしょう。
不動産相続はまず評価をするところからスタートし、その後はどのようにしていくかを各相続人が決めていきます。
相続税がかかることが分かれば、被相続人が亡くなってから10カ月以内税務署へ申告しなければなりませんので、まずは遺産分割協議書を作成してから相続人が個々に相続税の計算を行い、最終的な申告を進めて行く流れになります。