あなたはどのケース?不動産相続に必要な書類について!

相続01

被相続人から不動産を相続したときは相続登記をして、被相続人の名義から自分の名義に変更しておきましょう。
被相続人の名義から自分の名義に変更をしておくことで、後に土地や建物を売ったりする手続きが簡単に行えるようになりますよ。
そこで、不動産相続に必要な書類について見ていきましょう。

・すべての人が必要となる書類ってどんなもの?
相続した不動産を自分の名義に変更するためには、相続登記として必要な書類を用意しなければなりません。
必要書類は以下の通りです。

・相続登記を行う不動産の登記簿謄本
・被相続人の最後の戸籍謄本
・被相続人の住民票
・不動産相続をする人の戸籍謄本
・不動産相続をする人の住民票
・登記申請書
・相続関係説明図
・固定資産評価証明書
・委任状(不動産相続をする本人が行う場合は不要)

これらは不動産相続をする人すべてに必要となるので、書類の収集忘れがないようにしましょう。

・遺産分割協議により相続登記を行う場合に必要な書類!
分割協議を行い、その通りに相続登記を行う場合は上記であげた書類とは別に、以下の書類も用意しなければなりません。

・被相続人の出生までさかのぼれる除籍謄本・改正原戸籍謄本
・相続人全員の戸籍謄本
・相続人全員の印鑑証明書
・遺産分割協議書(原本)

分割協議により相続登記を行う場合は、相続人全員の戸籍謄本・印鑑証明書が必要になります。
これらの書類を収集するのには時間がかかって面倒ではあるのですが、この書類がないと相続登記が出来ないので注意しましょう。
尚、遺言により不動産相続を行う場合は、すべての人が必要となる書類の他に遺言書を用意するだけとなります。

このように不動産相続に必要な書類は、法定相続分通りに相続登記を行うのか、分割協議によって相続登記を行うのか、遺言により相続登記を行うのかなどの状況によって異なります。
なので、不動産相続をする人は自分がどんなケースで相続登記を行うのかを理解したうえで、必要な書類を収集したほうがいいと思います。
相続登記をするときは専門家に手続きを依頼するのもいいと思いますし、自分で行ってもいいと思います。
また、自分で手続きをしたいけど必要な書類が分からないという場合は、専門家に相談をして必要な書類について聞いてみるのも1つの手段であると考えられます。
どの方法で相続登記を行うのかを決め、どのケースで相続登記を行うのかを判断してから書類を用意するようにしましょう。