不動産の相続に関して専門家に依頼する

不動産を亡くなった被相続人から相続するとなったときには、様々な手続きに追われることかと思います。
素人でも自分自身で行うことができるケースもあれば、なかなか複雑な手続きを要するケースもあります。
また不動産を相続したなら絶対にしなければいけないことがあります。
それが相続登記です。

相続登記とは不動産の相続をした場合、被相続人から相続人へと不動産の所有名義を変更しなければいけないのですが、その名義変更手続きのことなんですね。
相続登記は登録するのも面倒な手続きを行う必要があります。
必要書類の取得においても、例えば遺産分割協議書の作成なども自分自身で行いにくいものもあります。
もちろん自分自身で行うこともできるのですが、どうしても自分自身ではできそうにない、どうすればいいのかわからないというような方は専門家の方に依頼するという方法があります。

基本的には相続登記の代行については誰でも行うことができます。
ですが報酬をもらってお仕事として相続登記の代行を行うということは専門家である司法書士しか行うことができないようになっています。
それ以外の方が報酬をもらって相続登記の代行をを行うと違法になってしまいますのでご注意ください。
特に報酬なく代行する場合は誰でも可能です。
報酬を支払って代行手続きを行ってもらうのであれば司法書士への依頼が必要になり、また改ざんされないような委任状を作成する必要もあります。

まずは司法書士へ依頼して打ち合わせを行い、そこから必要書類等を用意してもらって手続きを行ってもらい、報酬を支払うという流れになります。
自分自身だけで行う場合には、登録免許税や必要書類取得のための費用のみになりますが、司法書士への依頼の場合は約5万円から約7万円が相場となっている支払いが必要となります。
また報酬の金額は事務所によっても異なりますし相場より高い場合、安い場合もあります。
まずはお見積りをとってみたり、相談をされてみたりするとよいかもしれません。